蜘蛛の巣遊び🕷

椅子に張り巡らせた平ゴムを蜘蛛の巣に見立て遊びました。

子どもたちに,蜘蛛と蜘蛛の巣の写真を見せて,「蜘蛛の巣ってどうしてあるの?」と質問すると,

「くものおうち!」

「ごはんをつかまえるんだよ。」

「べたべたしているんだよ!」といろいろな発信がありました(*^^*)

まずは,平ゴムに触り,ビヨーンと伸びる感覚を体験♪

蜘蛛の巣に身体が当たらないように,どんな風に体を動かして進んだらいいかな?

 

大きく足を上げて,蜘蛛の巣の上を越えたり,身体を小さく丸めて下をくぐったり,

次第に平ゴムの数も増やしていき

ボディーイメージを育みながら,身体を動かすことを楽しみました。

友達が,背中でマットの上を進んでいく動きしている様子を見て,真似して楽しむ子どももいましたよ。

関連記事

  1. 「パンプキン」

  2. お買い物体験

  3. おんがく

    秋の音楽活動

  4. 「パリ,パリ!?」

  5. 7月前半のキッズ

  6. 作品

    みんな「アーティスト」