押すあそび

押すあそびでは,床に足を踏ん張り,手のひらを開いて,力を込めて,丸めた布団を倒します。また,転がしたり,乗って歩いたりなど,バランス感覚も身に付きます。

負けないように踏んばったり,相手と押し合いながら身体のバラン  スを保持しようとしたりして,身体の軸を作り,平衡感覚が育ちます。

姿勢の保持や,身体の動きのぎこちなさの改善につながります。触覚が過敏な子は,他者と身体的に接触するあそびを嫌がることがあります。押すあそびやおすもうあそびを通して,友だちとふれあいながら遊ぶことで,人との距離をほどよく保ったり,コミュニケーションをとったりする練習にもなります。

関連記事

  1. 施設外就労 お仕事紹介

  2. 始まりました!

  3. トシノウギョウセンター

    都市農業センター散策 (グループホーム悠々)

  4. 新型コロナウィルス感染者の発生について

  5. 挑戦

    新年といったら書初めでしょ。

  6. 陶芸活動の様子です